もちつき会: January 9, 2009

ゆうこ先生より

3学期がスタートし、子ども達が元気にスクールに戻ってきました。冬休みの出来事を話して教えてくれたり、キンダーさんのホームワークの絵日記から、みんなが楽しい冬休みを過ごしたことが伝わってきました。

今日は新年初めての行事"もちつき大会”です。

大きな臼と杵が登場すると子ども達は、早くおもちをつきたそうで、待ちきれない様子。

まず最初に、朋子先生が日本語で子ども達にお話しました。臼と杵を指差して「これは何かな?」と質問。きっと初めて見る子も多かったはずです。みんな興味を持って静かに先生のお話を聞きました。

次に、ジーナ先生が英語でお話しました。"うす is molter. きね is mallet." と教え、"Rice pounding is Japanese traditional event." と、もちつきは日本特有のもので外国にはないということを伝えていました。

そして、S.A.くんのおかあさま、おばあさまが手伝ってくださり、ぺったん、ぺったんともちつきが始まりました。

するとジーナ先生が "pound pound pound a rice. pound rice with me. pound pound pound a rice. let's make mochi" と "Clap your hands" の替え歌を歌い始めました。歌に合わせて、子ども達の腕も自然と動き、もちをつく真似をしていました。

いよいよ子ども達が順番にもちつきです。トドラー1の小さなお友達も、大きな杵を持ってもちつきを体験し、出来上がると手でころころ丸めました。

今日のランチはつきたてのおもち!お雑煮、納豆、ごま、きな粉、あんこ。みんな「~, please!」と自分の食べたいおもちを伝え、たくさん食べました。

今日はおいしいおもちを味わい満腹になった一日でした。
[PR]
by yspreschool2008 | 2009-01-09 22:24 | YPK