YPKの子どもたちの成長の軌跡


by yspreschool2008

タグ:きみ先生 ( 9 ) タグの人気記事

きみ先生より

b0137410_122487.jpg今日は恒例のサンクスギビング・ターキーディナー・デーでした。

去年の味を覚えている子どもたちは、今週始まってからずっと楽しみにしてきました。

こちらの動画は、「いただきます」の前のひとときです。子どもたちはジーナ先生に "What do you thank for?" と尋ねられ、答える場面です。

子どもたちの口から出てくることばは、自分たちで考えつむいでいる「ことば」であり、決して言わされているものではありません。

このような日常の繰り返しがとてもとても重要なのです。
[PR]
by yspreschool2008 | 2008-11-27 20:58
きみ先生より

b0137410_1746252.jpgゆうこ先生の日誌を補足して、私から、福島でのキンダーさんたちの様子をご報告いたします。

終始ビデオ&写真撮影しておりますので、キンダー保護者様とは、明朝のお迎えの時、みんなでビデオ鑑賞をしたいと思います。

今回が初めての「キンダーお泊り会」でした。これまで小学生とは何度もキャンプをやってきているワイズですが、初めての5才児にやや緊張気味にスタートを切りました。

今朝は、8時30分、お母さま方に見送られて、ひと足お先に福島へ!

行きのバス中では、ジュリアン先生といろいろなゲームやクイズで遊びながら出掛けました。

余談ですが、「う●ち」や「お●り」などの言葉を連発して喜ぶのがこの年齢ですが、このキンダーさんたちは、それを英語でやってのけるのですから、すごいと思います。

とくにU.Y.くんはひょうきんなことを言ってみんなを笑わせるのが大好きなお茶目な男の子ですが、英語で冗談を言い、それに対して大笑いして英語で冗談を返す子どもたちは、やはり英語イマージョン教育ならではの成果であると、つくづく思ってしまいました。

「四季の里」の工房で、ガラスの絵付け彫りを体験しました。インストラクターのお話をしっかり聞いて、5才の小さな手が必死にリューターを前後させ、それぞれに素敵な作品に仕上げていました。

みんな、真剣そのもの。あっというまに1時間が経ってしまいました。

出来上がったグラス(カップ)は、今回お泊り会でお母さんと離れて一人で眠った思い出に、大切にしてくださいね。

あいにくのお天気で、「四季の里」から「こむこむ」へ移動。(でもこの移動は、何気にみんな嬉しかったです。四季の里も楽しいですが、こむこむはもっと楽しいので・・・。)

急な申し出に対応してくださった「こむこむ」の関係者様方、ありがとうございました。

「こむこむ」が初めて、という子がほとんど。食事を済ませ、時間まで常設展示でめいっぱい遊びました。

ところが、入り口脇に設置されていた "pin wall" (日本語では何と呼ぶのでしょう?)に全員ハマってしまい、「中で遊ぶ前に帰る時間が来てしまうのでは?」と思うくらい、腹をよじらせ笑いながら、何度も何度も遊ぶ子どもたちとジュリアン先生でした。

何とか、中へ誘い込むと、今度は展示の面白さに奇声を発しながら遊びまわっていました。S.S.ちゃんだけ、低い天井がちょっと怖かったようで、はじめのうち一緒に遊びましたが、慣れてきたら、みんなと一緒にぐるぐるしていました。

R.I.くんは、地球の環境を守るゲームにひとしきり熱中していました。最初、私がやり方を教えると、「一人でやる!」と言い、何度か時間切れを迎えながらもついには「ピカピカー!!」と地球が光り、"Yeah!! I save(d) the earth!" と興奮して叫んでいました。

「内臓パズル」も子どもたちの興味を捉えた一つでした。何とか完成させたくて、何度かみんなでチャレンジしましたが、ついに完成はできませんでした。(・・・確かにちょっと難しかったです。もう少し勉強してから来ればできるかも。)

男の子たちは、船を運転するゲームにも熱中しました。U.Y.くんがエンジン担当、R.I.くんが舵担当。・・・なかなか前に進みません。でも一番熱中していたのは、実はジュリアン先生かもしれません・・・。

あっという間に帰る時間がやってきました。

「もっと遊びたい~!」というのが、全員の正直なところでしたが、きっちり我慢して、上手に整列して歩くことができました。

帰りのバスでは、お昼寝してくれるかな、と思いきや、「誰ちゃんが誰くんと結婚して・・・」と、ちょっとおませな話に花を咲かせる5才児のお姉さんたちでした。

以上が「福島レポート」ですが、この後、子どもたちは、スクールに戻り、ジーナ先生と夕飯の買い物に出掛け、夕食作り、お風呂、花火・・・と楽しく過ごしました。

最後までおしゃべりしていたU.Y.くんも、10時頃、ついに静かになりました。

それではみなさん、おやすみなさ~い!
[PR]
by yspreschool2008 | 2008-07-18 23:12 | YPK
きみ先生より

今日は、ロンパー&キンダーの6月の学習テーマである「Water Cycle (水の循環)」のまとめ学習として、三春ダムへ園外学習へ出掛けました。

2台のスクール車に分乗し、いざ三春ダムへ!!

到着すると、眼下に広がる壮大な光景に感嘆の声を漏らす子どもたちです。上手に整列し、「なるほど展示室」へ。ご挨拶も上手です。英語でご挨拶する可愛らしい子どもたちに、その場に居合わせた観光客も目を細めていました。

2階の展示室には、転がるボールを水にたとえて、水の循環を分かりやすく表現した模型が展示されています。この前に立ち、夢中でボタンを押して、転がるボールを目で追いかける子どもたちです。

S.S.ちゃんは、非常に立派な英語で、私に対して "Water Cycle" の何たるかを力説してくれましたよ!

その後、ダムの周辺を歩きました。洪水吐のあるクレストゲートの上まで歩きました。壁と壁の間に1.5cmくらいの隙間があり、子どもたちはそこからダムを見下ろす恐ろしい風景に釘付けで、替わりばんこに何度も覗いては、「こわ~い!」と、大喜びでした。

その姿を見ていた私と聡先生が、子どもたちを代わる代わる抱っこして、壁の上からの景色を見せてあげることになりました。これも大人気で、何度も何度も抱っこをせがむ子どもたちです。怖いもの見たさ・・・とは、まさにこのこと。

大興奮のダム見学の後は、石畑水生生物観察園でランチです。食後、子どもたちは遊具や小川であそびました。

H.K.くん、U.Y.くんは、小川の水面におでこが付きそうなほど身をかがませて、「どんな生き物がいるかな」と、真剣な表情です。階段の上には大きなニワトリ小屋があり、A.S.ちゃんは草を与えて大喜びでした。

時間はあっという間に過ぎてしまい、帰る時間がやってきました。暑くもなく、雨も降りそうで降らず、この時期の戸外遊びにはとても良い天候に恵まれ、楽しいひとときを送って参りました。

今度は、(子どもたちのよい復習として)ぜひご家族で展示室を訪れてみてはいかがでしょうか?
[PR]
by yspreschool2008 | 2008-06-25 23:54 | YPK
きみ先生より

b0137410_7554356.jpg6月は「お天気」をテーマに学んでいる子どもたちですが、毎週テーマに関連する song を導入しています。

今週は、週初めより "If all the raindrops..." を歌っていましたが、今日、キンダーのS.S.ちゃんが、素敵な替え歌を作ってくれましたので、みなさんにご報告です。

"If all the raindrops..." は、こんな歌です。

If all the raindrops
Were lemon drops and gumdrops
Oh, what a rain that would be.
Standing outside, with my mouth open wide
Ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah,
If all the raindrops
Were lemon drops and gumdrops
Oh, what a rain that would be.

If all the snowflakes
Were candy bars and milkshakes
Oh, what a snow that would be.
Standing outside, with my mouth open wide
Ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah,
If all the snowflakes
Were candy bars and milkshakes
Oh, what a snow that would be.

If all the sunbeams
Were bubblegum and ice cream
Oh, what fun that would be.
Standing outside, with my mouth open wide
Ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah,
If all the sunbeams
Were bubblegum and ice cream
Oh, what fun that would be.

この歌は3番までしかないのですが、S.S.ちゃんが、今日唐突に、「この歌には ”windy” がないね」と、 以下のように歌いだしました。

If all the wind
Were cookies and chocolates
Oh, what a wind that would be.
Standing outside, with my mouth open wide
Ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah,
If all the wind
Were cookies and chocolates
Oh, what a wind that would be......

歌は、日常で使う便利な言葉や表現の宝庫です。たくさんの学びの要素が詰まっています。

子どもたちは、このS.S.ちゃんのようにして、歌の中からたくさんの表現を拾い、ことばを獲得していくのです。

Great job, S.S.!
[PR]
by yspreschool2008 | 2008-06-19 21:03 | YPK
きみ先生より

b0137410_19554543.jpgWelcome come back to school, everyone! How was your Golden Week?

みなさん楽しい連休を過ごされたことと思います。

今日は、バイオリンの井上先生が、再びYPKの子どもたちのためにミニリサイタルを開いてくださいました。

子どもたちのよく知っている「ドラえもん」や「さんぽ」、「ミッキーマウスのマーチ」などを演奏してくださいました。

b0137410_19561216.jpgまた、「チューリップ」や「こいのぼり」など、英語で歌えるようになった歌も演奏してくださり、井上先生の伴奏に合わせて、子どもたちは元気良く声を出して歌うことができました。

クラシックも2曲弾いてくださいました。「メヌエット」が流れてくると、子どもたちはジュリアン先生とのお約束(マナーを守ってリサイタルに参加することを事前にジュリアン先生とお話していました)をしっかり守って、みんなお利口さんに鑑賞することができました。

リサイタルにご出席くださった保護者様方、ありがとうございました。

リサイタルの合間をぬって、今日は Mother's Day のクラフト制作にも取り組みました。それぞれにすてきな作品に出来上がりました。

お母さま方には週末までのお楽しみです。
[PR]
by yspreschool2008 | 2008-05-07 18:28 | YPK
きみ先生より

b0137410_902733.jpg今日もお天気サイコーでしたね!

ミルクスナックのあと、ロンパー&キンダーさんたちは、ジュリアン先生とリネット先生と一緒に、近くの大島公園の芝生にサッカーをしに出掛けました。

まるで真夏・・・というと大げさですが、日差しはもう、「夏」でした。

大島公園の芝生は意外と広く、ちょうど西田公民館の体育館くらいの広さがあります。

H.I.くんは、ロンパー最年少でまだまだ体も小さいですが、「H.I.~!!」と、ジュリアン先生に名前を呼ばれて、ロングパスを受け取ると、全速力でボールを追って走っていました。

小さい手足を精一杯伸ばして走る姿が、とっても可愛らしかったです。

一方、H.K.くん、T.S.くんは、隅っこにしゃがんで頭を寄せ合っています。「何してるのかな~」と覗いてみると、アリを見つけて遊んでいました。

女の子たちは、ジュリアン先生が投げるリングをキャッチ!「キャ~ッ」と黄色い声をあげながら大喜びでキャッチしていました。

お帰りの頃には、みんなほっぺが真っ赤!力いっぱい走りましたね。

b0137410_904660.jpg午後は、5月の学習テーマ「家族と私」から、「家族」について小グループでクラスを行った後、みんなで「道徳」の時間。

本 "I am a leader" を基に、ジュリアン先生がリーダーシップについてお話をしてくださいました。
[PR]
by yspreschool2008 | 2008-04-30 18:58 | YPK
きみ先生より

b0137410_22405918.jpg今日は、"Earth Day" です。子どもたちは、私たちの住む「地球」について学びました。

ジーナ先生が作成したスライドショーを見て、私たちが住む地球が美しい惑星であること、守らなければならない自然があること、そして、辺りを見まわしたときあまりにたくさんのゴミが落ちていることなどを話し合いました。

その後クラフトタイムには、「Reduce, Reuse, Recycle」 のポスターを制作。子どもたちは、はじき絵の具で、きれいな青と緑の地球を描きました。

しばらく教室に掲示しますが、子どもたちがポスターを持ち帰りましたら、ぜひ台所など目に付く場所に貼っていただいて、常に環境について関心を持ち続けていただきたいです。

クラフトの後、キンダーの5名は、ジュリアン先生と一緒に「せせらぎこみち」へ。 "Please don't throw garbage!" のポスターを掲げながら「行進」してきました。

道すがら、たくさんのきれいな春の花々を見つけました。その一方で、空き缶や菓子袋などもたくさん落ちているのを見つけました。

子どもたちの未来のために、一人ひとりができるところから気をつけて行きたいですね。
[PR]
by yspreschool2008 | 2008-04-22 19:06 | YPK

OH! HANAMI!!

きみ先生より

b0137410_17514316.jpg18日の予定を急遽繰り上げて、ロンパー&キンダーさんたちは、フィールドトリップへ出掛けました。

スクール車2台に、ジュリアン先生、ジーナ先生とともにそれぞれ分乗し、まずは郷さくら美術館へ。

さくら通り沿いにある小さな美術館です。日本画の常設展示の他、企画展として中国の少数民族を描いた日本画や、それらの少数民族の民族衣装や民族楽器も展示されていました。

美術館での見学学習のめあては、

①4月のテーマである "Spring" の学習の一環として、日本画に描かれる四季の景色や花々を題材に、先生方と自由に会話(Q&A)を楽しむ

②「大きな声を出さない」、「走らない」、「作品に手を触れない」など、美術館でのマナーについて知る

の2つです。

こじんまりした美術館で、館内には、幸い他のお客さんはほとんどいませんでしたので、先生と子どもたちの会話がご迷惑を掛けることもなく、またマナー学習をするにも最適な美術館でした。

逆巻く海の絵に吸い込まれそうになりながら眺めていたS.S.ちゃん。Y.S.くんは、韓国の民族衣装をまとった楽師の絵に興味を惹かれていました。

「絵のなかに人がいるよ~」と、写実的な人物画を指差してK.H.くん。本物の人がいると思ったのですね。

中でも、壁一面に描かれたトラやゾウの姿が描かれた小部屋、そしてそれに続く満開の桜の小部屋は子どもたちにとって感動的だった様子です。それぞれの美しい日本画に "Wow~!" と感嘆の声をもらす子もおりました。

感受性にうったえる、とても良い機会でした。

美術館内での先生と子どもたちのやりとりで、ひとつとても関心した場面がありました。

ジュリアン先生が、萌え盛る若葉を描いた絵の前に立って、"What's the season in this picture?" と尋ねたので、子どもたちはすかさず "Spring!!" と答えました。

すると、次に、ジーナ先生が続けて "Why do you think it's Spring?" と尋ねました。"Why?" ときかれ、「だって・・・」と考え込む子どもたち。

理由を答えるというのは、子どもたちにとってちょっと難しい質問(でも良い質問)でした。さて、子どもたち、なんて返すのかな・・・と見守っていると、U.Y.くんが、

"Because it's green time!" と、答えたではありませんか!

はっきり言って「目からウロコ」でした。なるほど、そんな風に表現して伝えればいいのか!と。子どもの発想の柔軟さ、斬新さに脱帽です。

b0137410_1752562.jpgさてさて、美術館を出て、いよいよ開成山公園へ。

公園は、すでに花見客で溢れていました。まさに今年一番の花見日和でした。

昼食を済ませると、公園の中をしばし散策し、その後遊具へ・・・。やっぱり「花より遊具」な子どもたちです。

b0137410_17522124.jpg夢中で走り回り、めいっぱい遊びました。

お帰りの時間は、あっという間にやってきました。「また来ようね~」と約束し、公園をあとにしました。

帰り道、女の子たちは落ちている桜の花を拾ってお土産にしていました。
[PR]
by yspreschool2008 | 2008-04-16 18:32 | YPK
きみ先生より

b0137410_1491222.jpg週末に教室の模様替えをして、今日が2日目。それぞれのエイジ・グループが、活動の内容によって分かれます。

すでに2日目にして、それぞれのグループの中に、落ち着きが見られるように思います。もうしばらくこのまま様子を見ていこうと思います。

今週から「A」がまたスタートしました。今年は火曜日がアルファベットワークシート(「クラフトワークシート」と呼んでいます)の日の予定です。

ジーナ先生のL.A.クラス、ロンパーさんたちは運筆練習です。新入園のK.H.くんは、まだ「英語生活」への戸惑いが見られますが、ワーク作業で発揮した集中力には先生もびっくりしていました。

クラス終了後、ロンパー&キンダーさんたちは「せせらぎこみち」へ Nature Walk。私が外へ出て見送ると、にっこにこの笑顔で "See you, Kimie ~!!" と、手を振ってくれました。

一方のトドラーさんたちも、お兄さん、お姉さんを見送った後、外へ出てボール遊び。

今日は、急にお日さまが顔を出し、どんどん気温が上昇。わくわくするようなお天気に、外遊びをめいっぱい楽しむことができました。

桜も一気に満開ですね。
[PR]
by yspreschool2008 | 2008-04-15 18:59 | YPK